各国規制情報 日本:当局動向

表示に関する規定の改正について(2016年6月1日施行)

労働安全衛生法及び労働安全衛生法施行令の一部改正に伴い、労働安全衛生規則の一部の改正について2015年6月23日に官報公示されました。(2016年6月1日施行)



(1) 表示義務の対象物から一定の物を除外する規定の創設

表示義務の対象物を含有する製剤その他の物のうち、譲渡又は提供の過程に おいて固体以外の状態にならず、かつ、粉状にならないものであって、危険性 及び皮膚障害を生ずるおそれを有しないものを、表示義務の対象から除くというただし書きが追加されました。


(2) 裾切り値の設定及び見直し

新たに表示義務の対象となる物に係る裾切り値を設定するとともに、既存の表示義務の対象物を含有する製剤その他の物及び通知対象物を含有する製剤 その他の物に係る裾切り値についても見直しが行われました。

別表2の上段が対象となる物質名、中段が表示義務の対象となる含有量の裾切り値、下段が通知義務の対象となる含有量の裾切り値となっております。


改正の概要

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000089123.pdf


条文

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000089126.pdf


詳細は以下の資料をご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000094015.html