各国規制情報 米国:当局動向

HCS2012に関する情報

◆有効日に関する情報

2015年12月1日以降
物流業者は製造業者が改正前のHCSに基づいてラベル表示した製品を出荷することができなくなり、HCS2012に基づいた表示をしなければならなくなりました。
2016年6月1日まで
雇用者は代替する作業場表示およびハザードコミュニケーションプログラムを更新し、新たに識別された物理的危険性や健康有害性についての追加の従業員教育を実施しなければなりません。

詳しくは以下のサイトをご覧ください。
https://www.osha.gov/dsg/hazcom/effectivedates.html


◆HCS2012の改訂について

GHSの改定を受けて、現在OSHAではHCS2012の更新を検討しています。
今後、改定案が公表され意見募集を経た上で、制定される流れとなります。

The Hazard Communication Standard (HCS) is now aligned with the Globally Harmonized System of Classification and Labeling of Chemicals (GHS). This update to the Hazard Communication Standard (HCS) will provide a common and coherent approach to classifying chemicals and communicating hazard information on labels and safety data sheets. This update will also help reduce trade barriers and result in productivity improvements for American businesses that regularly handle, store, and use hazardous chemicals while providing cost savings for American businesses that periodically update safety data sheets and labels for chemicals covered under the hazard communication standard.

詳しくは以下のサイトをご覧ください。
https://www.osha.gov/dsg/hazcom/index.html