リプレ情報 お知らせ

リプレの作成するSDS/ラベル

リプレのご提供するSDSには以下のような特徴があります。


原稿の「逐語訳」ではなく、目的国の法規に適合するSDSを「作成」

GHSを導入している国の間でも、分類の基準が異なる場合があります。

例えば英国向けのSDSの場合、日本向けのSDSの翻訳、あるいは米国向けのSDSを用いると、分類基準や表示形式において、EU CLPに則ったSDSであるとは言えません。

リプレでは、お客様の原稿を元に、SDSの目的国の最新の法規に則ったSDSを作成しております。


対応可能な国

31か国、35言語への対応が可能です。
SDS作成可能な国についてはこちらをご参照ください。


リプレのEU向け、米国向けSDSは、多くの場合、ソフトウエア(GHS Pro)を用いて作成します。
アジア、ASEAN諸国、その他の国については現地のコンサルタントに作成を依頼します。


GHS Proについて 

リプレはEUで豊富な実績を誇る英国Safeware Quasar社のSDS/ラベル作成ソフト(SDS Pro)を2010年初に導入しました。
5年の経験の後、2015年2月に同ソフトのクラウド版であるGHS Proへ移行し、より効率的なSDSの作成が可能となりました。
GHS Proの専門スタッフがSDS/ラベル作成をお引き受け致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


GHS Proを用いるメリット

 ・安価で迅速にSDSを作成することができます。

 ・EU向けは最新のCLP、COMMISSION REGULATION (EU) 2015/830に対応、米国向けはHCS2012に対応。

 ・EU (CLP、暴露) の参照データベースを内蔵し、混合物の分類を自動計算します。

 ・ベースとなる書式にSDSの必須項目が含まれており、漏れがありません。

 ・SDS作成に必要な、多くのフレーズを内蔵しているため、人為的なミスの入る余地がありません。

 ・データベース機能に蓄積された入力情報を活用し、将来のSDSの改訂、類似製品のSDS作成、多言語化をスムーズに実現します。

 ・GHS Proの言語変換モジュールを用いて、様々な言語(EU圏内25か国27言語等)のSDSとラベルを作成します。
  GHS Proを使用してSDSを作成可能な国については こちらをご参照ください。

 ・原稿の記載データや詳細な記述も対応可能です。(多言語化の場合は翻訳の必要があります。)

 

GHS Proを用いるデメリット

 ・原稿と同一書式、同一内容のSDSは作成できません。

 ・ソフトが備えるフレーズを中心に作成するため、逐語訳と比べ柔軟性に欠ける場合があります。


多様な国の法規に則ったSDSとラベルの作成


 ・トルコ、中国、台湾、韓国、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム等、の国々については、海外のコンサルタントと提携し、対象国の法規に則ったSDS/ラベルを作成します。